動画エンコード.com|動画を高速変換 動画のエンコードの方法をご紹介!!

動画エンコードソフトのおすすめ!

 

top

 

動画エンコードソフト「ムービートランス」はココがすごい!

 

・エンコード対応動画形式が多い!!

mp4flvaviwmv、3gp、asf、aac、mpeg2、xvidなど…

 

・GPU処理を使った高速変換!!

CUDA・QSVに対応した環境なら最大8倍速でエンコード可能。



・ISOやAVCHDを動画に変換可能!!

ビデオカメラで撮影した動画、DVDなどのイメージファイルのISOも搭載できます。

mts_iconiso_icon
 

・変換だけじゃなく動画の編集機能もついてる!!

動画の結合カット、映像補正、ぼかしなどもついてる!

vob mp4変換4
 

・エンコード初心者にも使える!!

動画を入れたい機器(iPhoneなど)ごとに選べるので、

拡張子が分からなくても大丈夫!!

 

m2ts2
 

⇒⇒⇒詳しい情報はコチラから

 

 

 

使い方も簡単です。

変換したい動画をドラッグ&ドロップでソフトに搭載して

57 m2ts
 

右のメニューから変換したい拡張子、

または再生したい機器を選択。

あとは変換スタートです。

movie
 

movie2
 

このソフトを持っていれば、

多くの機器、プレイヤーに対応してるので、

困ることもないと思います。

 

変換ソフトを検討してる方はぜひ参考にしてください!!

 

mtrans_468x60_B

動画エンコードはなぜするの??

動画エンコードってなんでしょうか。

簡単に言うならば要は動画を変換することなんです。

 

動画にはそれぞれ種類があります。

 

MP4って聞いたことあるでしょ??

 

あれが動画の種類です。

これを拡張子といいいます。

 

動画を再生するには、

Windows Media Playerなどのプレイヤーや

iPhoneなどの機器が必要ですよね。

 

この再生するプレイヤーや機器によって、

再生できる拡張子が違うんです。

 

自分が再生したいプレイヤーや機器に合わせて、

動画の拡張子を変換するんですね。

 

そのために動画の変換ソフトというものが必要になります。

 

動画変換ソフトは数多く存在します。

このサイトでも動画変換ソフトをご紹介していますのでぜひご参照ください。

 

>>>詳しくはコチラから<<<

動画エンコードに関係するのはCPU?GPU?

PCにはCPUGPUがあります。

PCを買うとき、なんとなくCPUがいいのを選ぶほうがいいって思いますよね。

 

そうです。

 

CPUは別名「中央処理装置」

まさにPCの頭脳といえるものなんですね。

 

CPUの質が良ければ、

その分、計算処理が早くなるので、

動画変換の処理も早くなります。

 

ですので、動画変換に関係があるのは、

CPUです。

 

…しかし

GPUも実は関係があるのです。

 

GPUとは画像を主に処理するもので、

CPUが複雑なものに対応するならば、

GPUは単純作業が得意になっています。

 

このサイトで紹介している動画変換ソフトムービートランスは

このGPUを使った高速動画エンコードが可能です。



⇒⇒⇒ムービートランスの詳しい情報はコチラ